育児についての悩み相談ナビ

言葉の発達について

育児をしていて悩む事の一つで案外悩んでしまうことの1つに、子どもの言葉の発達についての問題があります。

 

育児にいそしんでるお母さん同士が話すときも、何語くらい喋るかといったことが話題に上がります。

 

他の子と比べて言葉が遅れていると、自分の子どもは言葉の発達が遅れているのではないか、何か良くない要因があるのではないかと不安を抱くお母さんも少なくありません。

 

言葉を覚えていくにはまず、赤ちゃん喃語と呼ばれる言葉から話していきます。

 

喃語は意味を説明できるようなものではなく、喉の奥や唇を使って出る音のことで、「クー」や「バブバブ」などです。

 

もっと言葉が達者になると、ブーブーやワンワンなどの簡単な言葉を話すようになります。

 

1歳半から2歳程度で、言葉の覚えが早い子は二語文をおしゃべりするケースもあります。

 

育児書に載っている時期は目安の話です。

 

自発的な言葉は少なくても、お母さんがしゃべっていることは分かる子供も少なくありません。

 

まずは色々な言葉をよく聞き、たくさんの言葉をためこんでから話すことも意外とあるのです。

 

子どもの言葉の成長も、性質の差が顕著にあらわれます。

 

他の子が話すのを聞いて善し悪しを判断したり気にしたりするのは、重要とは言えません。

 

お母さんが精神的に参っている状態で育児をしていると、子供はお母さんの様子に敏感なので、それを察してうまくいく物も、逆にうまくいかなくなってしまいます。

 

ただし、安心できない言葉の遅れが全員のお子さんに無いとは言い切れません。

 

難聴気味であるなど、何か原因がある場合も否定は出来ません。

 

子供の言葉が遅いのではないかと思い悩んでいる場合には、小児科医や保健センターに相談を持ちかけてみるのもよいでしょう。

 

 


言葉の発達について関連ページ